クリスピン│美脚ジーンズ専門店CRISPIN│美脚ジーンズ

11月12月は定休日以外のお休みをいただいております。詳しくはカレンダーをご覧ください。

ジャージデニムやストレッチジーンズの寿命

ジーンズって寿命も長く、
他の洋服に比べてお洗濯や保管なども
特に気を遣わなくてもよくて、
5,6年くらい何の問題もなく履けて当たり前。
なんて思っていませんか?
 

でも、ちゃんとジーンズにも寿命はあります!
ジーンズの寿命は他の洋服と同じように、
素材、扱い方、履き方などによって
その年数は大きく変わってきます。

なので残念ながら、
どんなジーンズでも長く履けて当たり前!
というわけではないんです。

特に今、注目されている
ストレッチが効いたジーンズや
ジャージのように軽くて良く伸びる
ジャージデニムの寿命には要注意!
 

というのも、
ストレッチジーンズやジャージデニムには、
「ポリウレタン」という素材が使われています。
この素材を使うと型崩れをしにくくなって、
伸縮性があるため履き心地も良いのですが、

その一方で、実はこのポリウレタンという素材、
寿命に限界があり、製造された直後から
劣化が始まってしまうんです!

その原因となるのが
ポリウレタンという素材の特徴。
少し難しくなるのですが、
ポリウレタンは、2種類の化学物質を結合して、
反応させることで生まれた化合物の総称のこと。

このポリウレタンは、空気中の水分と化合して
加水分解をおこして劣化するだけでなく、

汗などの塩分、紫外線などの影響もうけやすく、
徐々に劣化を促進させてしまうのです。

そのため、
ポリウレタンはだいたい3年くらいが寿命
といわれています。

ここで気をつけておきたいのは、
ポリウレタンの劣化が始まるのが、
「購入時ではなくて、製造時から」ということ。


つまり、ポリウレタン素材は、
着用していなくても、時間と共に劣化していき、
3~4年で寿命がきてしまうため、
よく着用していると、それよりもっと
寿命が短くなってしまうことも!!

履き心地が良いストレッチ素材のジーンズ。
でも、寿命が過ぎてしまったジーンズを履いていると、
生地が伸びきったように見えてしまって、
買った時には美脚に見えたはずのお気に入りジーンズでも、
格好悪く見えてしまうこともあるので、要注意!


美脚ジーンズを目指すなら
キレイに見えるジーンズを選ぶことはもちろんですが、

素材の特性を知ったうえで、
キレイに履ける寿命を見極めることも大切です。

ぜひ一度、クローゼットに眠っている
ジーンズの寿命もチェックしてみて下さいね。

    
            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •         
  •                  
  •         
  • Clip to Evernote
  •