クリスピン│美脚ジーンズ専門店CRISPIN│美脚ジーンズ

8月は10日〜13日までおやすみを頂いております。ご迷惑をおかけいたします。

ジーンズの裾の長さ

ジーンズはシルエット以外にも
丈の長さ(レングス)にも名前が
ついているのをご存知ですか?

通常は脚が隠れる長さが普通ですが、
気温が暖かくなってくると、涼しい印象を与えてくれる
脚を少し出した裾の短いジーンズを
選ばれる方も多いのではないでしょうか?

でも、どの名前がどれくらいの丈の長さなのか、
ということまでは良く知らないことも多いので、
今日はそれぞれの丈の長さの名称について
お伝えしたいと思います。

 

【フルレングス】

通常のジーンズでよくある脚が隠れる丈。

 

【サブリナ】

オードリー・ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」で
オードーリーが穿いていたことをきっかけについた名前。
ふくらはぎくらいの長さからくるぶしくらいまでで、
7分、または8分丈の長さ。

 

【カプリ】

サブリナより短めで、膝上ギリギリくらいの長さから
7分丈程度のもの。
リゾート地として人気のあったイタリアのナポリ湾にある
カプリ島からその名がつけられた、と言われている。

 

【クロプト(クロップト)】

クロプトはカプリと同じくらいの丈の長さ。
ただカプリよりも裾がもう少し広くなっています。
ちなみにクロプトは「切り取った」という意味。

 

 

【バーミューダー(バミューダ)】

膝の頭が見えるくらいの4~6分丈。
避暑地として有名だったバーミューダ島で
流行っていたためこの名がついたと言われている。

 

ただ、色々なブランドによっても定義が
少し違っていたりするみたいなので、
選ぶ際にはちゃんと試着して、
気をつけて選んで下さいね。 

    
            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •         
  •                  
  •         
  • Clip to Evernote
  •