クリスピン│美脚ジーンズ専門店CRISPIN│美脚ジーンズ

8月は10日〜13日までおやすみを頂いております。ご迷惑をおかけいたします。

ジーンズ3大ブランド『リーバイス』『リー』『ラングラー』


ジーンズの3大ブランドと言われている
「Levi’s / リーバイス」「Lee / リー」
「Wrangler / ラングラー」。

ジーンズにあまり詳しくない人でも、
一度くらいはこれらの名前を聞いたことが
あるのではないでしょうか。

それくらいジーンズにおいては、
有名なブランドなのですが、
なかなか各々の歴史を知る機会はありません。

なので今回は、このジーンズ3大ブランド、
「リーバイス」「リー」「ラングラー」の
歴史やジーンズの特徴などについて
ご紹介していきたいと思います。

まずは、ジーンズと3ブランドの
簡単な歴史の流れからお話していきます。
 

まず始めは、みなさんよくご存じのとおり、
ジーンズブランドとして一番早くに誕生した
「Levi’s(リーバイス)」

ゴールドラッシュ時代の1870年代に
作業着用の丈夫なズボンが欲しい、という声から
生まれたのが「Levi’s(リーバイス)」ジーンズの
始まりでした。
 

 
 

それから約20年後、
食品と生活雑貨の卸の会社「H.D.Lee Company」が
労働者向けのオリジナルワークウェアとして、
「Lee(リー)」ジーンズの生産を始めます。

初めはワークウェアとして
太めシルエットのジーンズを作っていましたが、
時代と共に少し細めのシルエットへと
デザインをシフトしていくことで、
ワークウェアからカジュアルウェアへと
シェアを伸ばしていきました。

 

 

そして最後に登場するのが、
ワークウェア市場で世界最大のメーカーだった
「ブルーベル社」が販売を始めた
「Wrangler(ラングラー)」ジーンズ。

「Wrangler(ラングラー)」は、
ハリウッドの西部劇衣装のデザイナーを
ジーンズのデザイナーとして採用し、
世界初のデザイナージーンズを生産して、
人気を得ていったのです。

 

このように最初は、
労働者やカウボーイなどの
丈夫なワークウェア
として、
ジーンズは広まっていったのですが、

ハリウッド映画のスター、
マーロン・ブランドやジェームズ・ディーンが
ジーンズを履き始めたことで、
ファッション性の高いカジュアルウェアとして、
ジーンズは一気に人気になりました。

 

そしてジーンズは、
誕生してから数百年経った現在でも、
色あせることなく、年齢や性別を越えて愛される
ファッションアイテムのひとつになったのです。

次回は「Levi’s」「Lee」「Wrangler」
それぞれの歴史についてもう少し詳しく
ご紹介していきたいと思います。

    
            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •         
  •                  
  •         
  • Clip to Evernote
  •