クリスピン│美脚ジーンズ専門店CRISPIN│美脚ジーンズ

8月は10日〜13日までおやすみを頂いております。ご迷惑をおかけいたします。

Lee(リー)の歴史

リーバイスより少し後、
世界で初めてのジッパーフライ・ジーンズ
生み出したLee

Leeは、アメリカのカンザス州にある
食品と生活雑貨の会社から始まりました。

周りに荒野が広がるカンザスという土地柄、
労働者にとって必需品だったのが、丈夫な衣料。
そこでLeeは、タンガリや胸当て付きのオーバーオール
などのワークウェアを仕入れて販売していました。

すると、丈夫なワークウェアはすぐに人気となり、
仕入れだけでは供給が追いつかなくなったため、
Leeは自社での製造を始めます。

1913年には、車の整備の際に
使いやすい作業着として考案された
Leeのユニオン・オールは高く評価され、
アメリカ陸軍のオフィシャルユニフォーム
にもなりました。

 

1920年代にはLee「101」の元となった
カウボーイ・パンツが誕生。

馬の鞍を傷つけないようにバックポケットの
リベットを改良したり、
馬に跨りやすいようにシルエットを変えたり、
と、馬上での機能性を追求したジーンズは、
一躍人気となります。
 

また1926年には、今では当たり前になっている
世界初のジッパーフライ・ジーンズが誕生。

それまでのボタンフライに比べて、
脱ぎ着がしやすい、ということでより幅広い層に
Leeのジーンズは受け入れられました。

それから約10年後、Leeジーンズの特徴のひとつである、
Leeという文字の焼印を押した革ラベル
“ヘア・オン・ハイドラベル”が誕生します。

そしてLeeは、雑誌「LIFE」誌に広告を展開するなど、
それまでワークウェアでしかなかったジーンズを
カジュアルウェアへとイメージを
チェンジしていきました。
 

そのイメージチェンジに大きな影響を与えたのが、
俳優ジェームス・ディーン。

1950年代、映画『理由なき反抗』の衣装として、
ジェームス・ディーンがLee「101」を
着用したことから、ファッションアイテムとして
大ブレイクしました。

ところで、Leeのポケットは他とは
ちょっと違う特徴があること知っていましたか?
 

普通のジーンズは、将棋の駒を逆さまにしたような
直線的な形が多いバックポケットが多いのですが、
Leeのポケットはポケットの下が
少し柔らかな
曲線になっているんです。

またバックポケットのステッチも
Sを横向きにしたような曲線のステッチ。

この「レイジーS」と呼ばれるステッチは、
カウボーイが牛に押していた焼印のデザインが
モチーフになっているんだそうです。

他よりもいち早く細身のシルエットなど
様々なシルエットを展開し、
美脚ジーンズの元祖とも言われているLee。
人間の体型を考えたシルエット重視のジーンズ
の先駆者ともいえるのではないでしょうか。

    
            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •         
  •                  
  •         
  • Clip to Evernote
  •